スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハウストレーニング(番外編)

ハウストレーニングは、

時間のある時に継続中

トレーニングの流れは、

ハウストレーニングその1

その2でご確認ください。

時間のある時には、娘と一緒にトレーニング。



どんどんハウスにフードを入れるから・・・・

Tampopoのフサフサの毛には・・・

毛にフードが詰まる・・。
※水飲み中を上から


フードが詰まります・・・。


そして、最後は↓↓のようになります



ハハ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑↑お帰りの際は、ポチっとラインキングにご協力下さい。
スポンサーサイト

いたずら娘

自分が子どもの頃、

生活の中に犬・猫いませんでした。

でも、1歳半の娘は当たり前の様に、

毎日、犬・猫と触れ合っています。

何をしているのかなぁ~と見ると、

Tampopoのお腹を触っていたり↓↓


(カメラに気づくと、みせて欲しくて動いてしまう我が娘・・・。撮り続けるが意外と難しい)

いたずらしていたり・・・↓↓



それにTampopo便乗


思うのは、娘も猫もTampopoも

上も下もない同じ動物・・・。


そうそう、昨日やっと3回目のワクチンが終了。

残すは狂犬病のみとなりました



現在のTampopo(2009年4月29日)

○年齢:3ヶ月と2週齢
○体重:9.8kg
○体高:47cm
○体調:52cm
○覚えたコマンド:
Toilet→オシッコします。
Poop→ウンチします。
Speak→吠えます。
Quiet→吠えやみます。
○トレーニング中のコマンド:
Sit→座ります。
House→バリケンに入ります。
Loose Leash Walk→引っ張らずに歩きます。
Wait→ドアの出入りの時に待ちます。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑↑お帰りの際は、ポチっとラインキングにご協力下さい。


Tampopoのお友達

我が家には、

Tampopoのお友達がいます。



朝から振り回されて、

かみつかれて・・・。


でも、寝るときは一緒

スヌーピーと一緒(3か月齢)

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

↑↑お帰りの際は、ポチっとラインキングにご協力下さい。

豚馴致?

僕たちのドッグスクールは、

麻布大学との共同事業のため、大学内で開催しています。

麻布大学と言えば、獣医大学

色々な動物達がいます。

散歩をしていると、↓↓こんな出会も。


馴致?

そして、昨日は風が強かったので、

シートがバタバタ(これは苦手みたい)、

そして落葉が動いてTampopoは興奮。

まだまだ子犬です


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

↑↑お帰りの際は、ポチっとラインキングにご協力下さい。

仕事の合間

週末はドッグスクールでお仕事。

クラスのスケジュールは、結構つめつめ、

のはずなんですが、

土曜日のお昼過ぎは、少しだけ時間が空きます。

そんな時、学校の犬達は解放的です。


でもTampopoは、

成犬(♂)のスタンプー(タイガ)にたじたじ

動画の最後は、ゴールデン(♂)のイチロー君にも追いかけられております・・・。

ほとんどのパピークラスでは、、

子犬達だけが参加します。

でも、成犬との関わりを通して

さらに犬同士の社会性を学んで行くことは確かです。

僕たちはパピークラスにもそんな要素を入れようと、日々頑張っております


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑↑お帰りの際は、ポチっとラインキングにご協力下さい。

凪との遊び

との遊び、

家に来たばかりの頃は、こんな感じ↓↓(2カ月齢)



結構、強気でした。

そして昨日はこんな感じ↓↓(3か月と1週齢)


ちょっかい出すことも減って、

少しは強気な感じはおさまってきたような・・・

今後、この2頭の関係はどうなっていくんでしょう。

楽しみです

それにしても、遊んでいる様子をみると、

Tampopo大きくなったなぁ~っ。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

↑↑お帰りの際は、ポチっとラインキングにご協力下さい。

なるべくゆっくり・・・

少しづつ、

お散歩の範囲を拡大中なTampopo。

道行く人に撫でられたり、

踏切で電車が過ぎるのを待ったり、

他の犬と挨拶したり、吠えられたり・・・、

走る子どもについて行こうとしたり

なるべくゆっくり歩いて

色々な音を聞かせ、そして見させるように心がけています。

そして、途中で休憩↓↓

※携帯での撮影のため、画像が悪くてごめんなさい。

交差点の横で休憩

3ヶ月齢のこの時期は、

社会化期が終わって、

今まで平気だったものが、急に苦手になる時期でもあります。

慎重に、でも大胆

社会馴致を続けて行きます



にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑↑お帰りの際は、ポチっとラインキングにご協力下さい。

寝るかっこ。

まだ子犬だからか、

よくほっとかれるからか、

よく寝る犬Tampopo。

お腹を出して寝る2
お腹を出して寝る1

安心しきっております・・・。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

↑↑お帰りの際は、ポチっとラインキングにご協力下さい。

Sitの3つの教え方。

3か月齢のTampopoが覚えたコマンド、

「Toilet」→おしっこをする
「Poop」→ウンチをする
「Touch」→手の平に鼻をチョンとつける
「Speak」→吠え続ける
「Quiet」→静かにする(吠え止む)
「House」→ハウスに入る(トレーニング中)

いろいろと覚えたけど、

まだ基本的なことを覚えていません。

その1つは、「Sit」

もちろん座ること

簡単な行動だけど、

ちょっとこだわって教えたい理由が・・・


まずは、マニアック

「Sit」のトレーニング方法について。

トレーニングをする時には、

大きく3つの方法があります。

一般的な誘導を使った方法(身体的誘導法)↓↓


体に触って座る形にする方法(鋳型法)↓↓


自発的に座るのを待つ方法(誘発法)↓↓


①②③のどれでトレーニングしても、「Sit」を覚えます。
※正確にはプロンプトとコマンドをすり替えたり、プロンプトを最小限にしていくんですが、さらにマニアックになるので、機会があれば・・・。(プロンプト:正しい反応が起きる確立を高める補助的な刺激を出すこと)

だけど、実際のトレーニングでは

この3つを組み合わせながら行います。

ここで、Tampopoにしている「Sit」のトレーニング方法は、

こんな↓↓感じ。

①②が合わさっています。

普通の「Sit」とどこが違うか、わかります

一般的には、①の誘導を使って教えます。

この時、Tampopoの体は後ろに傾いて

前足が後ろ脚の方に下がります。

別に、これでもいいのですが・・・

体が大きくなるTampopo。

それでは人の正面で「Sit」をさせた時に、人から離れていくことに。

これをなるべく避けたいので、

「Sit」は

前足に後ろ脚をそろえるようにしたい!!

そうすれば、人から離れることはありません。

どうでもいい話ですが・・・、

トレーナーとしてのちょっとしたこだわりでした。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

↑↑お帰りの際は、ポチっとラインキングにご協力下さい。

ハウストレーニング(その2)

ハウストレーニングの続き。

前回は、ただハウスの隙間から

フードを入れただけです。

だけど、それだけでTampopoは、

ハウスに入りたくて仕方がなくなります。

そこで、次のステップ↓↓



ちょっと、分かりにくいですが、

Tampopoをハウスの外に出して、

ハウスの扉を閉めます。

そして、まずはハウスにフードを投入

すると、Tampopoはハウスに入りたくてますます

うずうず

そして、扉を開けるタイミングに

「ハウス」
とコマンドをつけていきます。

そして、ハウスの中でご褒美。

これを繰り返すうちに、

「ハウス」=ハウスの中に入ること、と学習します。

他にも、トレーニングの方法はありますが、

この方法なら、子どもと一緒に楽しめると思います

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

↑↑お帰りの際は、ポチっとラインキングにご協力下さい。

ハウストレーニング(その1)

子供と一緒に出来るトレーニングに、

ハウストレーニングがあります。

まずは、ハウスの中にいるのが好きになるように、

こんな↓↓ことをします。



餌をハウスの隙間から、どんどん入れるんです。

まずは、娘もTampopoも楽しい、

ファーストステップでした。

さて、セカンドステップは・・・



にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

↑↑お帰りの際は、ポチっとラインキングにご協力下さい。

3ヶ月齢

道行く人に、

トイプ~

と言われていましたが・・・。

今日で、Tampopoは

3ヶ月齢

体重7,5kg

さらに、と思われること間違いなし・・・。

まだまだ子犬なんだなぁ~と

思いつつも、トレーニングは止まりません

前回の「Quiet」をより確実にするために、

もうちょっと、理解を深めたいのです。

まずは、この↓↓セッション。




そこまでは、はっきりと学習していないかも

でも、ちょっとは分かったかなぁ~。

と、Tampopoの学習状態を予測。

そして次↓↓のセッション。



だいぶ、理解した様子

もう少し、続けたいのですが、

ここでセッションは終了です。

これは、もう感覚的なものですが、

吠える前に「ク~ン」と鳴いてから、吠えたこと。
そして、一回吠えるのを止めました。

さらに、最後にちょっぴりあくびをしたこと。

こんな様子が見られたら、

無理にはセッションを続けません

経験上、どんどんやる気がなくなるので、リフレッシュが必要です。

あとは、普段吠えたときにどれだけ応用が出来るか?!

それこそ、ですが、

せっかく覚えた「Quiet」なので、

しっかり出来るように努力していきます




にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

↑↑お帰りの際は、ポチっとラインキングにご協力下さい。

しずかにぃ~(Quiet)のトレーニング

クリッカートレーニング

前回は、「Speak」をトレーニング
※吠え続けること

そうしたら、次は必然的に、

「Quiet」のトレーニングになります。
※静かにすること

なぜならこの2つは、切り離せないトレーニング

では、見てみましょう↓↓



「Speak」で吠え続けている時に、

「Quiet」と言って、初めは、

一瞬でも吠え止んだら、「カチン」とクリッカー。

そして、徐々に静かな状態が維持できるように

トレーニングを続けます。

Tampopoは少しだけ、理解した様子。

もう少し、意味を教えるトレーニングが必要そうです

特に興奮すると、よく吠える子なもので・・・。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

↑↑お帰りの際は、ポチっとラインキングにご協力下さい。


トリミング

今日は、

ちょっとカットしました。

トリミング(2009.4)1

トリミング(2009.4)3

トリミング(2009.4)2

ちょっと、写真がいまいちですが、

スッキリしました。

トリミング(2009.4)4

やっぱり、が大きいね


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

↑↑お帰りの際は、ポチっとラインキングにご協力下さい。

吠えるトレーニング

昨日のお話。

スタディ・ドッグ・スクール®のパピークラスで、

デモで登場。

鹿野博士にホールディングされております。
パピー(ホールディング)

体のどこを触られても

平気にするトレーニングです。

顔の周りを触ったり、前足、お腹などを触ります。
※極端に嫌がる際は、ご褒美をあげながらトレーニングしましょう。

健康管理をにするのと、

もう一つ、あまりレッスンでは

言わないメリットがあります。

それは、問題行動の予防につながること。

これは、あくまでトレーニングの経験上の話で、

研究された内容ではありませんが、

噛みつく犬は、ホールディングができません・・・。

これは、トレーニング次第で解消するケースもありますが、

噛むようになってからでは、リスクが高まるのは確かです。

子犬を飼っている人はチャレンジ

成犬の場合、無理は禁物




さてさて、この日、

午後からは、K-9ゲームサークルを開始。

本日のお題は、ワンワンリレー。

ルールはコチラ→http://www.pet-dog-training.jp/setsumei/game09.html

犬を吠えさせます。

Tampopoもチャレンジ

コマンドは「Speak」

以前、お話した60のコマンドの1つ。

このトレーニングの意図は吠えさせること

ではなくて

犬の吠える行動を制御すること。

よく吠えるTampopoには、ちょうど良いトレーニングです。

クリッカーを使って、6セッションでここまで出来ました。
※1セッション、2~3分。



全身使って、吠えております

そんな、トレーニングは良くできるTampopoですが・・・







部屋をぐちゃぐちゃ


言ってみても、
まだ子犬です・・・。


夜中に、やってくれました。

最近、寝る場所が狭くなったみたいで、

夜、自由にしていたら、これです・・・。

早速、

↓↓こんな環境設定に!!

新しいバリケン


これで、一安心

写真では奥にあるから、一見小さそうだけど、

実はでかくて、だいぶ場所とっております。

成犬になっても十分に使えます。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

↑↑お帰りの際は、ポチっとラインキングにご協力下さい。

馬・馬・馬

今日は、

仕事の合間に、

に会いに・・・

090411_1438~0001


090411_1441~0004

090411_1440~0001

ブルルルン

鼻息

キャインと驚くTampopo・・・

大学内には何頭も馬がいます。

でも、この馬達はちょっと違う。



障害者乗馬活動って知ってます?

ザックリ説明すると

『馬を通したセラピー』
※ここでのセラピーは、癒しでもあり治療の意味も含みます。

障害を抱えている人が馬に乗り、触れ合うことで、

様々な効果を得ることができます。

彼らの活動は、パッカパッカくらぶ

と言って、地道な活動を続けております。

詳しくはコチラ→http://lipizzaner.plala.jp/pakapaka/

応援して下さい!!

僕は、Tampopoを連れて応援に行きたいと思います。

参加者の方との触れ合い↓↓

090411_1445~0001
※許可を得ての掲載です。

とても良く笑ってくれていましたよ。

動物の力は、凄いな

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

↑↑お帰りの際は、ポチっとラインキングにご協力下さい。

Touchトレーニング

今日は、

クリッカーを使って、

Touchのトレーニングをしてみました。

前回は、

クリッカーの条件付け。

今回のトレーニングは、↓↓こんな感じ。



鼻先が、手の平についた瞬間に、

カチン とクリッカーを押します。

(※この時、動画の最後の動作は、
手のひらを舐めています。
ここでクリッカーを押すと、次からは
手のひらを舐めるようになることが・・・・。
クリッカーは、押した瞬間に犬がしていた動作に対する
報酬という意味になるので、かなり細かい動作もトレーニングできるんです)

そして、ご褒美

↓↓こんなご褒美。
フード1

これでも、Tampopoには少し大きいので、
フード2
ちぎって、あげます。

そして、Tampopoが理解し始めたら、

コマンドをつけて行きます。
(※本当は、コマンドではなく、Cueという言葉を使いたいのです。
英語の言葉の意味を考えると、
Command=指示するとか命令する Cue=反応を起こすきっかけ
まぁ、ちょっとした言葉の使い方なんですけどね・・・。
しかし日本人にCueは、なじみがないので、
ここではコマンドで統一しますね。)

手を出すタイミングに「Touch」


そして、学習した様子が↓↓こちら


だ~れも近くにいなくて、一人で撮影・・・

でも、Tampopoも僕も楽しんでいます

Touchは単純な動作なので、

簡単に覚えてくれました。

このコマンドに関しては、今後

ターゲットトレーニングをする時に

役に立つときがきます。

覚えたコマンドには、もうクリッカーは使いません

あくまで、新しい事を教える時にだけ使用するルールにします。

今後教えて行く予定の

コマンドリスト
CUEリスト

全部で約60ほど

気長にいきたいと思います


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

↑↑お帰りの際は、ポチっとラインキングにご協力下さい。

こじとTampopo

ひたすら寝るTampopoと、

ひたすら歩く こじ(猫)

動画↓↓



カメラの性能が低いため、

音が聞こえませんが、

何故か こじ

いつもは静かに歩くくせに、

夜になると、ドスンドスン

音をたてながら歩きます。

猫は、犬以上に分からないことが多い・・・

不思議でいっぱいです



にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

↑↑お帰りの際は、ポチっとラインキングにご協力下さい。

お花見

今日は、お休み

近くの公園でお花見です。

花見1

よ~く見て下さい。

Tampopoの足下にたんぽぽが・・・。

そして、シャボン玉遊び

花見2

娘は大はしゃぎですが、

Tampopoは、ちょっと走ったらこっちを見上げて

ん?

花見3

さらに、

ん、ん??

花見4

今日は暑かったからねぇ~

そうそう、

公園で遊ぶ時は、場所を選んで、

ロングリードを着用すること!!


みなさん、守りましょうね。
どんどん、犬が入れない公園が増えてしまいますよ


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ


↑↑お帰りの際は、ポチっとラインキングにご協力下さい。





クリッカートレーニング開始

今日から、

クリッカートレーニング

開始しましたぁ。

クリッカーって

クリッカー

こんな道具で、

押すと「カチン」と音が鳴ります。

ペットショップにも売っています。

僕は、長ったらしいプロフィールにもあるように、

介助犬のトレーニングを

学ぶために、米国に留学をしています。

そして、そこの団体では、

クリッカーを使って介助項目をトレーニングしていました。

でも、行ったのはかれこれ5年ほど前・・・。

実は、Tampopoを飼った目的の1つには、

介助犬のトレーニング

自分の中で復習をしたかった。

そして、今後、介助犬をトレーニングするにあたり(予定)、

長い時間を共にし

トレーニングした犬との別れは

とても悲しいものとなります。

そこで必要なのは、必ず自分の手元に居る犬。

これは、実際にアメリカの団体の方も言っていましたし、

自分が予想するに、確かにそう思います。

そこで、Tampopoです。

まずは、Tampopoをいかに介助犬に近づけられるか?



でもまぁ、気負っても疲れるので、

まずは、クリッカーの意味を教えるトレーニングから、



「カチン」と鳴らしたら、

ご褒美を一粒あげます。

鳴ったら必ずご褒美がもらえると教えます。

原理については、マニアックになるので・・・・。

機会があれば、また今度

知りたい方は、是非コメント下さいね~。



グランベリー1(2009.4)
グランベリー2(2009.4)

↑↑
写真は、今日のお仕事の一環・・・。

スタンプーの子犬だとは思われず、

道を歩くと、「トイプー」だと言われるTampopoでした・・・・。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ


↑↑お帰りの際は、ポチっとラインキングにご協力下さい。

FC2カウンター

プロフィール

sptampopo

Author:sptampopo
■Tampopo(スタンダード・プードル)
2009年1月16日生まれのひょうきんな母を持つ、スタンダードプードル。名前の由来は、タンポポの綿毛の様にふわふわしているから・・・。

■飼い主
博士(学術)< 動物人間学分野>でドッグトレーナー。
詳しいプロフィールはコチラの長谷川成志(Masashi Hasegawa)をご参照ください。

Facebook
203089_100002446909237_4164900_n.jpg

最新ツイート

最新記事

月別アーカイブ

リンク

カテゴリ

書籍・DVD

Copyright © sptampopo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。