スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子犬の衝動買い

昨日のお話・・・。
忙しくて、アップするのを忘れていました


今朝(9/28)の産經新聞でも読み、
Yahoo! Japanのニューストピックにも出ていた下記の記事。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「カワイイ」だけじゃダメ 子犬、衝動買いやめて
産経新聞 9月28日(火)7時58分配信

拡大写真
飼い主の子供にアレルギーが出たため、手放されたメスのビーグル犬(6歳)。里親を探している=神奈川県動物愛護協会(写真:産経新聞)

 夜の繁華街にもペットショップが進出するなど、ペットはより身近なものになっている。仕事帰りに子犬を手に取り、愛くるしさに一日の疲れが癒やされる人も多い。しかし、中には不幸な最期を遂げる犬もいる。環境省によると、平成20年度に全国の自治体で11万5797匹の犬が引き取られ、8万4045匹が殺処分された。関係者は「消費者の安易な衝動買いが犬の不幸な最期を助長する」と警告する。(織田淳嗣)

【フォト】都内で行われたイベントで保護犬をなでる来場

 「犬の生態を無視した流通が行われているんです」動物愛護週間の20日、麻布大学(神奈川県相模原市)で開かれた、動物愛護管理法改正に関するシンポジウム。ペットショップで約8年間勤務し、現在は犬服販売のコークア(東京都中央区)を経営する成田司さん(44)の講演に、聴衆は耳を傾けた。

 成田さんが勤務したペットショップの犬の7割は、繁殖業者が持ち込む生体市場(オークション)からの仕入れ。「売れ筋」は生後50~80日のため、犬は生後35日程度でも市場に出されるという。

 この時期は本来、犬が生きる上でのルールなどを学ぶ「社会化」が行われる。親元から離されると、無駄吠(ぼ)えが増えるなどしつけがうまくいかず、飼い主が将来、手放してしまうリスクが増えるという。

 健康面の問題もある。成田さんは約200匹の犬を殺処分した苦い経験を持つ。病気の成犬だけでなく、中には発育が十分でなく、感染症にかかった子犬もいた。成田さんは流通の問題を指摘したうえで、「かわいいというだけで子犬を欲しがる消費者の志向も改めてほしい。欲しい生き物が飼える生き物というわけではない」と訴える。

 「動物がいるにもかかわらず、ペット飼育不可の場所に転居を決めてから相談にくるケースも非常に多い」。動物の引き取りと里親探しを行っている神奈川県動物愛護協会(横浜市港北区)の山田佐代子会長(51)は嘆く。

 協会に寄せられた21年度の犬の保護依頼は399匹。順番待ちのため、保護できたのは60匹にとどまる。保護できない犬の中には殺処分の道をたどるものもおり、飼い主の無計画の犠牲だ。持ち込まれる犬種はさまざまで、最近はダックスフンド(JKC登録名)が多いという。

 また、病気のため手放される犬も多いという。山田会長によると、避妊・去勢手術は乳腺がんや前立腺肥大などの病気のリスクを軽減する。「病気予防のため、麻酔に耐えることができる健康で若いときに手術しておくことが有効です」とアドバイスする。

【用語解説】動物愛護管理法

 動物の愛護及び管理に関する法律。動物の虐待などの防止についての法律で、昭和48年10月施行。5年を目安に改正が定められており、環境省は平成24年の法改正に向け、今年6、7月に開かれた中央環境審議会動物愛護部会で小委員会を設置、審議を進めている。10月19、20日予定の小委員会では「動物取扱業の適正化」について審議が行われ、深夜販売▽販売時間▽移動販売▽インターネット販売▽犬猫幼齢動物の販売日齢-など7項目に関する規制について協議される。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
記事はコチラから。

そういえば、麻布大学でやっていましたね。
僕たちは、しつけ教室のレッスン中で
参加することができなかったのですが、
平成24年の動物愛護管理法の改訂がどう行われるのか、
見守って行きたいとおもいます

個人的な意見を言うと、
日本もドイツと同様に犬を飼うために事前審査を受け、
犬を飼う人は税金を払うシステムを導入しても
良いのではないかと思います。

そして、その資金から適正なブリーディングや子犬の社会化、
しつけをされた犬を増やすためのしつけ教室の普及、
犬が社会参加をするのに必要なインフラの整備を行う。

そうなれば、
不幸な犬が減り。
犬に関する苦情が減り。
犬という動物の本当の価値が理解される。
そして、補助犬の社会参加も促進される。

個人的な、勝手な意見で申し訳ないのですが、
そうなって欲しいと思います



YHcG1FGz-1.gif
↑ポチッとお願いします。
スポンサーサイト

何してるのかなぁ~






ユキちゃんと遊びたいタンポポでした

しっかしラグドールのユキちゃんは、
犬が来ようが物怖じしない猫です



YHcG1FGz-1.gif
↑ポチッとお願いします。

ETとアジリティと実習犬

シャンプー後の

IMG_0485_20100924193142.jpg

な、タンポポを見て、


127469571235816428234_et_p_20100924193141.jpg

を連想してしまった・・・

かなり強烈な印象が残っているんだな、と思いました


そうそう、最近アジリティの練習を開始
とは言っても、本格的なものではなく、
あくまでお遊びですよぉ。



吠えているのは、大学のトレーニング実習犬、
M・ダックスのチッチちゃん

初めは、興奮して吠えていましたが、
この後は落ち着いていましたよ。

きちんと譲渡先が見つかるように、
トレーニングがんばりましょう

以上。とりとめも無い、最近の様子でした。



YHcG1FGz-1.gif
↑ポチッとお願いします。

相模原市のしつけ教室

9月19日(日)に相模原市主催
犬のしつけ教室の講師を務めさせてもらいました

苦情の件数についてお話したり、
P1050691.jpg

日頃から悩んでいる、犬の問題行動への対処法をお話したり

P1050704.jpg

同僚の鹿野さんもデモンストレーションと
テーブルディスカッションで手伝ってくれました
P1050700.jpg

日頃、みなさんが困っていらっしゃることへの
ヒントにしてもらえたら幸いです。

やはり口頭でお話することよりも、
犬を直接見て、もっと詳しくカウンセリングした方が確実に
問題行動は改善します

是非みんさん、ドッグスクールに通うか、
問題行動に詳しいトレーナーに相談しましょう

やっぱり、問題の抱えていない犬になった方が楽ですよ




YHcG1FGz-1.gif
↑ポチッとお願いします。

JAPDTカンファレンスお疲れ様でした!!

いやー、疲れましたねぇ~
スタッフの皆さん、よく頑張りました


色々な出会いがありました。

そして、貴重なお話も聞くことができました。

それにしても、毎日、犬 犬 
づくしだったので・・・

IMG_0475.jpg
IMG_0476.jpg

ちょっぴり、コジ君で癒し

数十年後には、JAPDTだけでなく、
(Japan Association of Pet Dog Trainers)

JAPCT
(Japan Association of Pet Cat Trainers)
という組織が必要になったりして・・・


いずれにしても、ドッグトレーナーは皆で協力しながら
この業界をどのように発展させて行くのかを考え、
そして、実行していく必要があります。

もし、それが出来なければ、
ドッグトレーナーに対する社会的な需要度は低いまま。
そして、ビジネスとしては成立しにくいまま。

これでは、今まで一体何を学んで来たのか、
意味がなくなってしまいます

日本社会のドッグトレーナー全員で手を組むのは難しいと思いますが、
JAPDTの事業に協力してくれるトレーナーさんが、
一人でも増えて行くように、頑張って行きましょう!!


そのためにはまず、休みたい!!
だけど、休日がちと遠いなぁ・・・




YHcG1FGz-1.gif
↑ポチッとお願いします。



JAPDTカンファレンスが開始します!!

9月10、11、12日と

毎年の恒例となり、今年で5回目を迎えた

JAPDTのカンファレンスが開催されます。

これは、Japan Association of Pet Dog Trainersの略で,
アメリカのAPDTの日本版です
つまりは、ペットドッグトレーナーの組織であり、
カンファレンスはその情報公開・交換の場、と言えるでしょう。

日本の現状として、

例えば、医者にかかれば、ある一定の基準に基づいた診断を受け、
薬などを処方してもらい、きちんとカルテが保管されています。
すなわち、私たちは体の調子が悪い時、
『医者の相談する』という選択肢を持っています。

一方、トレーニング業界では、

○訓練士、ドッグトレーナー、ドッグアドバイザーなどなど・・・
色々な名前がありますが、それぞれの定義は曖昧で、
特に犬の飼い主さんにとっては、何がどれで、
自分が困った時に、誰に相談していいのやら、
よくわからないと言うのが正直なところだと思います。

○犬のしつけなんか自分で出来る、と
思っている飼い主さんも多いと思います。
自分の家族として飼育していたとしても、
人の子供に対する教育の位置づけとは異なる。
つまり、ドッグトレーナーに対する社会的な需要は低く、
トレーニングに対する価値が見いだされていない、
と考えられます。

○犬の飼育頭数は、約1200万頭
実に、5.5世帯に1世帯が犬を飼育している計算になります。
そして、犬を飼いたいと思っている人は、まだまだ多い。

といったことが挙げられます。

犬に教育は必要

と思っている人は多いと思います。
しかし、上に挙げた項目を見返してみると、

現状では、全ての飼い主さんに対して、
一律の情報提供や犬に対するトレーニングは

不可能だと言えます。

犬にトレーニングをするには、経験が重要です。
ですから、自分の経験を元に犬にトレーニングをするのですが、
犬のトレーニングは理論に当てはまります。
理論に当てはまるということは、つまり
ドッグトレーニングとは、再現性のある情報を元にした行為。
ある意味で、科学的とも言えます。

そして、この情報公開とその情報をトレーナー(訓練士)が
共有し、理論に基づいて再現していくことによって、

日本のドッグトレーニングは
犬の飼い主さんにとって、
身近なものになり、
困った時、
「ドッグトレーナーに相談する」という選択肢を手にします。


また、

過去の日本におけるヒトとイヌの関係は、
欧米のように、犬にトレーニングをして使役に使う、
という発想が少なく、
『犬にトレーニングをする】という意識自体、
あまり無いのだと思います。

しかし、このままではいけません。
・犬の殺処分に関する問題
・犬の問題行動の予防
(子犬の繁殖、子犬の社会化、
基本的なしつけ、飼い主さんに対する一律の情報提供など)
・犬の飼い主の社会的マナー
(過剰咆哮、糞尿処理、公共の場でノーリードにするなど)
などなど・・・

問題は山積みです。


大きくとらえると、
JAPDTがやろうとしていることは、
日本におけるヒトとイヌの文化を

一新させること、
少しずつでも良い方向に向けて行くことです。

是非、皆さんJAPDTを覚えておいてください




一生懸命にJAPDTの事業企画委員の委員長を務めている、
同僚の働きっぷりをみて、
思わず、自分の考えをざ~っと、書いてしまいました・・・

彼は休みも無く、よく頑張っています。


YHcG1FGz-1.gif
↑ポチッとお願いします。

K9ゲームの応援に行ってきました!!

スタディ・ドッグ・スクール®では、
去年からK9ゲームに参戦しております

今回も去年と同様に、素晴らしい結果でした
詳しい報告は、スタディ・ドッグ・スクール®のブログにアップする予定なので、
首をながぁ~くして、お待ちください

皆さんの指導をさせて頂いているトレーナーとしては、

「よく健闘してくれました」

の一言です。

皆さんが喜んでいる顔を見ること、そして、
ワンちゃんとの息の合ったコミュニケーションがとれていること、

これが、見られるたことが何より嬉しかったです

次回も、頑張っていきましょ~~~



そして、去年と同様に妻と娘も応援で、
お邪魔させてもらいました・・・

一生懸命に応援

DSC03682.jpg


疲れて
DSC03798.jpg

な、娘

帰りの車でも寝始めて、朝まで爆睡しておりました・・・

朝早かったしねぇ~~。



皆さんも、ゆっくり休んでください

お疲れさまでしたぁ~~~


YHcG1FGz-1.gif
↑ポチッとお願いします。

さぁ、これは何でしょう?(犬の音恐怖症)

IMG_0437.jpg
IMG_0436.jpg
IMG_0435.jpg

DJタンポポ

いえいえ。

音恐怖症の犬に使えないかと思って、
※音恐怖症 定義と診断基準 
音恐怖症の診断基準には、音への突然で深刻な段階のない極端な反応、自律神経系の交感神経枝の活性化を伴う強い能動的な回避、逃走、または不安の行動が含まれる。行動として含まれるのは、痛みまたは社会的刺激への感受性の低下を伴う緊張性昏迷あるいは躁病で、繰り返し暴露すると一定したパターンの反応が生じる(Overrall、1997)。犬と猫の行動学マニュアルー問題行動の診断と治療ー 工 亜紀 訳 p.207



今、ちょっとお試し中の犬用

Head Hearing Protection

さぁどうでしょう~~。

これ着けた状態で、タンポポに「Sit」って言ったら
座ったしなぁ~~

一応、小さな声にも反応して座るように
トレーニングしているからだろうけど・・・・

少しでも、音恐怖症の問題で困っている飼い主さんにとって
良い道具となればいいのですが

レポートできる時がきたら、
ブログにアップしたいとおもいます


YHcG1FGz-1.gif
↑ポチッとお願いします。

FC2カウンター

プロフィール

sptampopo

Author:sptampopo
■Tampopo(スタンダード・プードル)
2009年1月16日生まれのひょうきんな母を持つ、スタンダードプードル。名前の由来は、タンポポの綿毛の様にふわふわしているから・・・。

■飼い主
博士(学術)< 動物人間学分野>でドッグトレーナー。
詳しいプロフィールはコチラの長谷川成志(Masashi Hasegawa)をご参照ください。

Facebook
203089_100002446909237_4164900_n.jpg

最新ツイート

最新記事

月別アーカイブ

リンク

カテゴリ

書籍・DVD

Copyright © sptampopo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。