スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレマックの原理を活用した「Go Through」のトレーニング

Tampopoのトレーニングの日々は続きます。


さてさて今日は、

「Go Through」というコマンドをトレーニング

ドアの出入りの際に使うコマンドで、

ドアを開けた時、急にドアの向こう側に走って行かず、

振り向いてこちらに意識を向けるようにするコマンドです↓↓



やり方は簡単

ドアから入ったとき、こちらに意識が向いていたら褒めるだけです。

そして、最近はフードよりも遊ぶ事が大好きなTampopo、

レトリーブをご褒美としてトレーニングしました。

これは『プレマックの原理』といって、

「より自発頻度が高い反応は、より自発頻度の低い反応を強化する」

という原理です。

例えば『オスワリ』などのトレーニングでも、

ご褒美に用いるフードですが、

犬にとっては、フード自体がご褒美なのか、

食べるという行為がご褒美なのか

プレマックさんの考えでは、

後者が『オスワリ』を強化するものであると考えたのです

人が色々とやりたいことが変化するように。

犬もその時々でやりたいことが変化します。

お腹が空けば食べたいし、喉が渇けば水を飲みたい。

オシッコが溜まれば排泄したい、などなど・・・。

その時々で犬がしたいことが読み取れれば、

もっと色々なトレーニングのバリエーションが増えるし、

犬にご褒美を与えることができて、飼い主に対する

犬の期待感もUPします。

ですから、自分の犬をよ~く観察して、

その時々で犬が何をしたがっているのかを予測するようにすると、

犬の気持ちがくめる素敵な飼い主さんになれますし、

そうしている飼い主さんの犬に対する接し方をみると、

とても言い関係だなぁ~と感心します

もちろん、勝手な擬人化した思い込みは×

家族の一員である『犬』という生き物を、

きちんと知ることは、とても大切なことです。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑↑ポチっと押して頂けると、励みになります!!



スポンサーサイト

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://stanputampopo.blog81.fc2.com/tb.php/145-912e9e13
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

FC2カウンター

プロフィール

sptampopo

Author:sptampopo
■Tampopo(スタンダード・プードル)
2009年1月16日生まれのひょうきんな母を持つ、スタンダードプードル。名前の由来は、タンポポの綿毛の様にふわふわしているから・・・。

■飼い主
博士(学術)< 動物人間学分野>でドッグトレーナー。
詳しいプロフィールはコチラの長谷川成志(Masashi Hasegawa)をご参照ください。

Facebook
203089_100002446909237_4164900_n.jpg

最新ツイート

最新記事

月別アーカイブ

リンク

カテゴリ

書籍・DVD

Copyright © sptampopo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。