スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ生活⑥(大学でトレーニングその2)

アメリカ生活⑥

今回も、大学キャンパス内でのトレーニングの様子です。

     

「Stay」のトレーニングをいたる所でします。



噴水の近くや、

フリスビーをしている側など。

とにかく、できるレベルから

どんどん

いろんな状況下で経験を積ませていきます。

そして、今日はもう一つのトレーニングを紹介します

ドアを開けるトレーニング、



「Tag」で引っ掛けたロープを引っぱり、

「Hold」でロープをくわえたまま維持するトレーニングになります。

動画内には、前にも紹介したドアを開けるためのボタンを

押すトレーニングも映っていますね。

     

「Stay」というトレーニング。

餌の前にだけ活用すれば、その状況で犬は待つことを学習します。

そして突然、普段はできている状況と

異なった環境

「Stay」と言われても、

できないというこはよくあることです。

これは、犬にとっては当たり前で、

外部刺激によって、

恐怖心や安心感といった心の変化が起こるため

犬の動機づけは変化し、

待つことが出来なくなってしまいます。

ですから、とにかくいろんな状況で(例えば、立ち話の時など)で、

トレーニングをして、

ユーザーさんとの生活につなげていくのです。

でも、みんさんが飼っている犬も、

介助犬のトレーニングを受けている犬も

同じ犬という動物です。

もちろん、気質の違いや体格差はあれど、

トレーニングをすれば、

必ず同じことが出来るようになります。

頑張ってトレーニングしてみましょう



お帰りの際に、
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑↑ポチっと押して頂けると励みになります!!





スポンサーサイト

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://stanputampopo.blog81.fc2.com/tb.php/206-e4179b07
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

FC2カウンター

プロフィール

sptampopo

Author:sptampopo
■Tampopo(スタンダード・プードル)
2009年1月16日生まれのひょうきんな母を持つ、スタンダードプードル。名前の由来は、タンポポの綿毛の様にふわふわしているから・・・。

■飼い主
博士(学術)< 動物人間学分野>でドッグトレーナー。
詳しいプロフィールはコチラの長谷川成志(Masashi Hasegawa)をご参照ください。

Facebook
203089_100002446909237_4164900_n.jpg

最新ツイート

最新記事

月別アーカイブ

リンク

カテゴリ

書籍・DVD

Copyright © sptampopo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。