スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Basement Training(アメリカ生活⑨)

犬に新しい行動をトレーニングする時、

なるべく、周りの刺激の少ない環境下で

トレーニングをした方が良いのです

何故かというと、

最大の理由

・周りが気になって学習が進まない

ということ。

あたりまえ・・・・

そして、犬のトレーニングでは

基本的にオペラント条件付けを用いますが、

これは3つの項目が関連性を持ちます。

3項随伴性と言って、

「刺激」→「反応」→「結果」の3項目で成り立ちます。

犬のトレーニングでいうと、

「Sit」→犬が座る→ご褒美を与える

ということが、全て関連づいてトレーニングが成立します。

そして、教えた項目の

レベルアップをさせるためには

色々な環境下で、3項随伴性を成立させていくトレーニングをします。

そうすることで、犬は様々な環境下で「Sit」と言われたら

座るとご褒美がもらえることを学習するのです。

よくあるパターンとして、

餌の時に「Sit」と言ったら座るけど、

一歩、お散歩にでると座らない、ということがあります。

これは、

餌を与える環境下では3項随伴性が成立しているだけで、

他の環境下では成立してない、

だから、成立しない環境下でトレーニングをする必要があるのです

つまり、犬がちゃんと人の言うことを聞くようにするためには、

色々な場所でトレーニングをする必要があるということです。




ちょっと、話が膨らんできましたが、

とにかく、犬に新しい行動をトレーニングする時は、

周りの環境を考える必要があります。

     



僕がトレーニングをしたのは、

地下室(Basement)

そして、クリッカーという道具を使ってトレーニングをします。

3頭の犬を担当して、

一頭に2~3分トレーニングをしたら、

次の犬を・・・という感じで、

犬をローテーションしながらトレーニングをしていきました。

トレーニングしている様子を、他の犬が見ている状況を作ると、

見ていた犬は、ご褒美が欲しくてモチベーションが上がり、

トレーニングに集中してくれるようになります。
※フードが好きであれば、ですけど。

     

動画に出てくる自分。

若いな・・・・


お帰りの際に、
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑↑ポチっと押して頂けると励みになります!!




スポンサーサイト

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://stanputampopo.blog81.fc2.com/tb.php/213-6a41d664
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

FC2カウンター

プロフィール

sptampopo

Author:sptampopo
■Tampopo(スタンダード・プードル)
2009年1月16日生まれのひょうきんな母を持つ、スタンダードプードル。名前の由来は、タンポポの綿毛の様にふわふわしているから・・・。

■飼い主
博士(学術)< 動物人間学分野>でドッグトレーナー。
詳しいプロフィールはコチラの長谷川成志(Masashi Hasegawa)をご参照ください。

Facebook
203089_100002446909237_4164900_n.jpg

最新ツイート

最新記事

月別アーカイブ

リンク

カテゴリ

書籍・DVD

Copyright © sptampopo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。