スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sitの3つの教え方。

3か月齢のTampopoが覚えたコマンド、

「Toilet」→おしっこをする
「Poop」→ウンチをする
「Touch」→手の平に鼻をチョンとつける
「Speak」→吠え続ける
「Quiet」→静かにする(吠え止む)
「House」→ハウスに入る(トレーニング中)

いろいろと覚えたけど、

まだ基本的なことを覚えていません。

その1つは、「Sit」

もちろん座ること

簡単な行動だけど、

ちょっとこだわって教えたい理由が・・・


まずは、マニアック

「Sit」のトレーニング方法について。

トレーニングをする時には、

大きく3つの方法があります。

一般的な誘導を使った方法(身体的誘導法)↓↓


体に触って座る形にする方法(鋳型法)↓↓


自発的に座るのを待つ方法(誘発法)↓↓


①②③のどれでトレーニングしても、「Sit」を覚えます。
※正確にはプロンプトとコマンドをすり替えたり、プロンプトを最小限にしていくんですが、さらにマニアックになるので、機会があれば・・・。(プロンプト:正しい反応が起きる確立を高める補助的な刺激を出すこと)

だけど、実際のトレーニングでは

この3つを組み合わせながら行います。

ここで、Tampopoにしている「Sit」のトレーニング方法は、

こんな↓↓感じ。

①②が合わさっています。

普通の「Sit」とどこが違うか、わかります

一般的には、①の誘導を使って教えます。

この時、Tampopoの体は後ろに傾いて

前足が後ろ脚の方に下がります。

別に、これでもいいのですが・・・

体が大きくなるTampopo。

それでは人の正面で「Sit」をさせた時に、人から離れていくことに。

これをなるべく避けたいので、

「Sit」は

前足に後ろ脚をそろえるようにしたい!!

そうすれば、人から離れることはありません。

どうでもいい話ですが・・・、

トレーナーとしてのちょっとしたこだわりでした。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

↑↑お帰りの際は、ポチっとラインキングにご協力下さい。

スポンサーサイト

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://stanputampopo.blog81.fc2.com/tb.php/62-976fe824
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

FC2カウンター

プロフィール

sptampopo

Author:sptampopo
■Tampopo(スタンダード・プードル)
2009年1月16日生まれのひょうきんな母を持つ、スタンダードプードル。名前の由来は、タンポポの綿毛の様にふわふわしているから・・・。

■飼い主
博士(学術)< 動物人間学分野>でドッグトレーナー。
詳しいプロフィールはコチラの長谷川成志(Masashi Hasegawa)をご参照ください。

Facebook
203089_100002446909237_4164900_n.jpg

最新ツイート

最新記事

月別アーカイブ

リンク

カテゴリ

書籍・DVD

Copyright © sptampopo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。